HOME

MENU

ネットワーク加盟店インタビュー

「OWNER'S WAY」2015年10月(秋号)掲載

株式会社一番舘 アイ・リンクス

きめ細かな配慮と機転で
寒冷地特有の課題にもサポート力を発揮

代表取締役
岡出 綾子

代表取締役 岡出 綾子さん 写真

経験豊富なスペシャリストによるきめの細かい管理

当社は創業3年目を迎えたばかりの会社で、不動産業界のスペシャリストである女性3人で不動産の管理を中心とした事業運営を行っています。2年前、本格的な事業展開を図るため、賃貸管理の経験とノウハウが豊富なハウスメイトのネットワークに加盟しました。

女性目線のきめ細かな配慮と機転が、当社最大の特長です。管理物件の周りのゴミや雑草類を掃除するのはもちろん、共有部の汚れやにおいにも気を配っています。内見時には外周りの印象も契約に結びつくかどうかの大事な要素の一つですので、常に好印象を与えるように心掛けています。

寒冷地ならではの悩みにもいち早く対応

帯広は北海道東部に位置する人口約17万人の街です。冬場の気候は厳しく、一日の最低気温が0度未満となる「冬日」は、年間に156日もあります。降雪量は北海道の中では比較的少ない地域ですが、時には駐車場から車が出せなくなり、除雪車を要請することも。また、水道管が凍結することもありますので、ご入居者には、外出時や就寝前には必ず水道管内の水を抜くよう助言をしています。これを怠ると水道管が破裂し、部屋中が水浸しになることもあるからです。ご入居者から凍結の連絡が入った時には、私どもと解氷業者が駆けつけることになります。

北海道には梅雨がなく湿度も低いので、一昔前まではエアコンの必要性を感じることはありませんでした。しかし、近年は温暖化が進んでいますので、新築物件には必ずエアコンを取り付けるようにしています。

飽和状態の市場にあって入居率アップのアドバイス

当社の管理戸数は、約500戸ですが、その大半は転勤者向けの新築ワンルームか1LDKで、どれも40m2以上と広めの造りとなっています。帯広でも単身者向けの市場は苦戦するため、時代のニーズを的確に捉えた設備の導入やリノベーションをご提案し、入居者を安定的に確保しています。管理物件の8割はインターネットを導入済みで、壁紙や照明を一新することでも効果を上げています。車が生活必需品の帯広では、駐車場は欠かせない設備でもあります。

オーナー様の賃貸経営をバックアップするために、広告活動にも力を入れています。ネット広告はもちろんですが、地元で圧倒的に強い十勝毎日新聞には、毎週広告を出すようにしています。

今後は、新規で賃貸経営をお考えのお客様や、相続税対策をお考えのオーナー様への提案活動にも注力していきます。また、仲介業務を拡大するために事務所スペースを拡張したり、優秀な社員を増やすなど、お客様のあらゆるご要望にお応えできるスペシャリストの集団を目指していきます。

加盟店写真

ネットワーク事業のお問い合わせ先 03-3590-0929 03-3590-0929 お問い合わせフォームはこちら

株式会社ハウスメイトパートナーズ 
ネットワーク事業本部

〒170-6041 東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60 41F
営業時間/9:00~18:00 定休日/土・日・祝

ページトップへ