HOME

MENU

  1. HOME
  2. オーナーさま
  3. オーナーサポート

オーナーさま

オーナーサポート

「オーナーサポートシステム」は、わずかな補償料で突発的な事故による第三者(含入居者)からの様々な賠償請求に対応し、オーナー様の安定した賃貸経営をサポートするシステムです。

年間、わずか1,200円(税別)の補償料で安心・安定の賃貸経営を ―――

棟当たり年間1,200円(税別)とわずかな補償料で、1事故につき、対人・対物それぞれ限度額1,000万円まで補償。補償期間中は、補償限度額内で何度でもお支払いが可能です。

オーナーサポートサービスイメージ 賃貸住宅で発生する賠償自己を保証

  • ※他にお支払いの対象となる保険等にご加入されている場合、その保険等との間で支払い金額が按分計算される場合があります。
  • ※お支払いする金額は、時価額となります。

多数のオーナーの皆様にご支持をいただいているオーナーサポートシステムは、おかげさまで2000年のシステム導入から年々、加入棟数は増え続けています。現在では12,000棟を超える数のご加入をいただいております。これも、当システムの必要性をご理解いただいた賜と考えます。

補償の対象となる施設は?

オーナー様と弊社との間で「管理委託契約」を締結している管理物件となります。

補償の対象となる場合は?

「施設」そのものの構造上の欠陥等に起因して、施設の所有者が第三者へ負担する法律上の賠償責任の損害(対人・対物賠償)について補償いたします。

補償期間は?

当該年の1月1日より12月31日までとし、以後は1年ごとの自動更新とします。

どんな事故が多いの?

「給排水設備の不備による事故」が約半数を占めています。
築年数に関係なく水漏れ等の事故に対応できる当システムは、オーナー様にとっても心強いのではないでしょうか。

受付事故内容 受付事故内容
(2011年6月~2013年6月)
※弊社での事故受付を100%とした場合のデータです。

事故ってどのくらい起きているの?

弊社における事故件数は下のグラフの通りです。近年、日本においても欧米のように訴訟社会化の傾向にあり、事故発生において所有者責任が問われるケースが増え、その損害賠償額も高額になっているのが現状です。建物の水廻りの事故をはじめ、建物の外部設備で発生する事故など、内容は様々。オーナーサポートシステムは、このような所有建物の構造上の欠陥等に起因する、第三者に対する損害賠償事故に適応されるシステムです。

事故件数推移 事故件数推移(2013年6月現在)

補償金はいくらくらい支払われるの?

例えば設備機器の故障が原因で発生した事故では、被害額約120万円が損害賠償金として建物所有者であるオーナー様に請求がありましたが、その全額を当システムにてお支払いいたしました。このように損害賠償額が高額となるケースは珍しくありません。当システムの補償限度額は1,000万円。突発的な事故による第三者からの様々な賠償請求に対応し、オーナー様の安定した賃貸経営をサポートしています。

弊社管理物件における賠償事故でのお支払いの一例

事故種類 事故内容 賠償相手 賠償金支払額
隣家外壁損害 物件の屋根部分が外れて隣家に当たり、外壁を削ってしまった。 隣家 ¥256,725
車両損害 物件の柵が倒れて駐車中の車両に当たり、キズを付けてしまった。 車両
所有者
¥699,000
水漏れ 浴室の止水栓金具が取れて水漏れし、階下の家財に損害を与えた。 入居者 ¥3,684,388
ケガ 入居者がフェンスに手をかけたところ、支柱が折れて落下し、ケガをしてしまった。 入居者 ¥348,462
家財損害 備付エアコンからの水漏れにより、入居者のテレビ、パソコンが故障した。 入居者 ¥264,030

オーナーサポートシステムは(株)ハウスメイトパートナーズが管理する賃貸物件のオーナー様を対象とした制度です。
(株)ハウスメイトパートナーが保険契約者となり被保険者をオーナー様とした「施設所有管理者賠償責任保険」を損害保険会社との間で包括契約しております。オーナーサポートシステムご加入オーナー様は当該保険契約の被保険者となります。尚、補償金の支払については直接保険会社からなされ、(株)ハウスメイトパートナーズがオーナー様に対し支払義務を負うものではありません。

オーナーサポートが活用できる当社の賃貸管理システム

下記、当社の賃貸管理システムご加入のオーナーさまに、オプションメニューとしてご利用いただけます。

ページトップへ