中途採用

中途採用

(株)ハウスメイトショップ首都圏事業本部 第1ユニット新宿店 店長

伊藤 基

2012年入社

(株)ハウスメイトショップ首都圏事業本部 第1ユニット新宿店 店長

MOTOKI ITOH

店舗運営のゴールは、お客様満足度の最大化。人を生かす環境だからこそチャレンジできる

入社前の経歴

大学卒業後、大手アパレル企業に入社。主に接客業務に関わる中で、個人の成果をより追求したいと営業職に興味を抱くようになり、不動産仲介会社に転職。意欲的に仲介営業に取り組む中で膨らんできた「さらに大きな売上数字を上げて会社に貢献したい」という想いを実現させるため、ハウスメイトへ入社。

入社のきっかけ

前職の不動産仲介会社に在職時、営業活動でハウスメイトの店舗を訪れていた。その際、スタッフが生き生きと働く姿が強く印象に残り、このような職場で働きたいと思うように。風通しの良い社風に加えて整った労働環境に魅力を感じ、「ここなら骨を埋める覚悟で働ける」と考えた。

自分を磨くため、成果にこだわった一年目

転職にあたっては、「自分磨き」をキーワードにしていました。その上で重視したのはきちんと成果を出すこと、目標としたのは管理職を目指すことです。そこでまず入社後の一年間は、本気で数字を積み上げることに注力しました。その結果、上半期の売上成績で全国トップを取ることができ、その後、宅建の資格も取得。二年目に店長昇格の内示を受けました。つまずいたり逃げたくなる時もありましたが、上司をはじめとした周囲のサポートが気持ちを奮い立たせてくれました。頑張っていればきちんと見てくれる人がいる。転職をして良かったと、改めて感じた瞬間でした。

前職の経験を生かし、お客様満足度向上に努める

店長に着任した時に心に刻んだのは、「経営責任者として店舗の全責任を負うこと」。目標は利益の創出と、お客様の満足度を最大限にすること。特に今は、質の高い接客が求められる時代です。街には不動産会社が溢れ、お客様はたくさんの情報を持っておられます。激しい競争の中、選ばれる店になるためには何が必要なのか。朝の挨拶やお客様への声がけなど、あたりまえのことを徹底して取り組んでいくことが大切だと考え、日々の指導にあたっています。顧客第一の視点を持つということは、前職のアパレルでの経験が大きく生きています。売上から人事、労務に至るまで、すべてのマネジメント業務は、お客様の満足のためにある。異業種からの転職ですが、根底に通じるものは多くあると感じています。

店長業務を通して見えてきた今後のキャリア

今後は店長の経験をさらに積み、ゆくゆくは採用関係の部門で仕事をしたいと考えています。当社には「人材=人財」という考えが浸透しており、若手でもチャレンジする機会が積極的に与えられ、また20年、30年と長く活躍できる環境です。そんな風土の中で、自分自身も部下や次世代の人材育成に一層力を注いでいくことを今後のキャリアのテーマにしたいと考えるようになりました。仲介営業の仕事の面白さや現場のやりがいを後輩たちに波及させ、組織としての成長に貢献していきたい。いつか自分の部下から新しい店長が生まれたら嬉しいですね。

こんな人と働きたい

人と接することが好きな人、成果を出してステップアップしていきたいと考える人であれば、きっと働きがいを感じられると思います。また、不動産業は景気や物価など、社会の変動に応じて変わっていく部分が大きく、それだけに時代に合わせた対応が求められる奥深い仕事です。変化を恐れず挑戦できる人であるほど、大きく成長できる環境だと思いますよ。

OTHER PEOPLE