中途採用

中途採用

矢富 絵理

2003年入社(株)ハウスメイトパートナーズ 営業本部 東京営業部 課長

ERI YATOMI

矢富 絵理

2003年入社(株)ハウスメイトパートナーズ 営業本部東京営業部 課長

笑顔と明るさで、組織を変えていく

新卒で大手百貨店に入社し、アパレルの販売に長年携わっていました。自分の好きなブランドに関われる喜びや、お客様と継続的に関係を作っていくことのやりがい、礼儀やマナー、教養など社会人としての基礎を身につける面白さなど、充実した日々を送っていました。転職を考えた直接的なきっかけは転勤の内示でした。次にチャレンジしてみたいことを考えた時、「衣服以上に、人の人生に関わるものを売りたい」という想いが膨らみ、不動産業に進もうと決めました。知識も経験もない業界への転職は不安で、最初は賃貸と売買の違いもよく理解できていませんでした。何社か受けた中で印象的だったのは、他社は主に不動産の知識を問われる面接であったのに対し、ハウスメイトでは面接の雰囲気がとても気さくで、私自身の人間性を知ろうとしてくれる雰囲気だったことです。人を大切にする会社だと感じて入社を決めましたが、その後、面接してくださった方の一人が「ダイヤモンドの原石を拾った」とおっしゃっていたことを知り、嬉しさに思わず涙が出たことを今でも覚えています。

現在は不動産をお持ちのオーナー様から建物管理を受託する仕事をしています。営業先はオーナー様だけでなく金融機関やゼネコン、設計事務所など幅広く、多様な業種の方との関わりを通して自然と知識を広げていける環境は、業界未経験だった私にとって大きな魅力です。心がけていることは、オーナー様にお話ししていただきやすい雰囲気をつくること。前職で培った第一印象としての笑顔は私の持ち味の一つ。笑顔には、場を和ませる力があると信じています。「いつも明るく元気な矢富さん」と言っていただけることもあり、嬉しいです。ご家族やご趣味などについてまで会話が弾み、この時間が幸せだと心が温かくなるのは私自身にとって大切なひとときでもあります。取り扱うものが不動産という人生の中で最も大きな資産の一つですから、様々な知識に基づいて幅広くお話をすることで、オーナー様の思いをより深く理解することができますし、それによって信頼関係もより強くなっていきます。オーナー様の人生に寄り添い続けることで、大切な資産を「数字」ではなく「人間性」で任せてもらえるような関係が築けたら理想的ですね。

エリアマネージャーとして新卒社員の育成にあたったことは、自分自身も大きく成長できた経験でした。公平性や平等性をもって接することや、個々の長所を見出して伸ばすことの大切さを学びました。次の目標としては、女性の活躍をさらに後押ししていきたいと考えています。不動産業界は男性の比率が高く、女性が活躍するイメージを持ちにくいかもしれません。ですが、ハウスメイトは創業者の想いである「人が財産」を受け継いでいる企業なので、働きやすさや人の温かさという点から女性も活躍できる土壌は十分にあります。私が最終的に目指すポジションは、女性初の役員となること。私自身がロールモデルとなって、後輩たちに道を示したいと思っています。仕事を楽しんでいれば自然と自信も培われ、明るく前向きな雰囲気が生まれる。それが周りに伝わって良いスパイラルにつながる。そういった人間関係の財産にこそ、組織を良くしていく力があると信じています。その牽引者となれるよう、これからも「いつも明るく元気な矢富さん」であり続けたいです。

SPECIAL #02

山田 峻

2012年入社(株)ハウスメイトショップ 横浜店 店長