社員を知る

仕事の私も、母の私も、輝かせてくれるこの会社が大好きです。 2010年新卒入社 営業事務(管理事務) 塚田 水穂

事務職はサポートだけではない

オーナー様への家賃のお支払いや、入居者様からの様々なお問い合わせへの対応など、賃貸物件に関するあらゆる事務業務を担当しています。オーナー様には大切な資産である賃貸物件をより良いものにしていただくために、入居者様にはより長く快適に住んでいただくために、それぞれに合ったサポートをおこなっています。時にはサポートの枠を超え、自分たちだけでアイデアを提案することもあります。以前仲介営業をおこなっていたので、仲介に関するお問い合わせに適切に答えられるという強みもあります。最近ようやく管理事務の魅力と奥深さがわかってきたところです。もっと経験を積んで、先輩の力を借りずに仕事ができるようになりたいですね。

仕事と育児が両立できる環境

管理事務への異動は出産がきっかけでした。一から仕事を教えていただかなければならない立場にもかかわらず、子どもの急な発熱などで頻繁に休みをいただくこともありました。周りの方々にご迷惑をおかけするので申し訳なく思っていましたが、上司や同僚は「大丈夫だよ」と言ってフォローしてくださいました。社内には仕事と育児を両立されている先輩ママがたくさんいらっしゃいます。子育てのアドバイスなどもいただけるので心強いです。もうすぐ二度目の産休に入りますが、元気な赤ちゃんを産んで、また復帰する予定です。女性にあたたかい職場なので、できるだけ長く働いていきたいです。

きっかけは、人事部の憧れの先輩

学生の頃から物件のチラシや間取り図をよく眺めていました。「家」が大好きだったんです。外国語大学の出身ですが、この業界を就職先に選んだ学生は私が初めてだったかもしれません。ハウスメイトに決めた一番の理由は、会社説明会でお話をしてくださった人事部の方の存在です。立ち話だったのに、1時間も親身に私の話を聞いてくれて… 「この人がいる会社に入りたい!」と心から思ったんです。入社後に再会できたときは本当に嬉しかったです。今でも「憧れの先輩」です。

塚田 水穂

意見や考えは積極的にアピールを

「こういう仕事がしたい」とか「こんなキャンペーンを考えたんです」というように、自分の意見や考えをアピールしてみてください。先輩方は、きちんと耳を傾けてくれます。私が新入社員の頃もそうでしたが、新人だからといって遠慮をすることはない雰囲気です。事業所間を越えた交流も多いので、いろいろな人と出会うこともできますよ。ハウスメイトは私の大好きな場所です。