社員を知る

ともに喜ぶ。ともに悔しがる。一体感が強い職場を育てる。 1998年新卒入社 管理営業 支店長 関 健太郎

お客様を想うという意識の共有

賃貸経営やお部屋探しのサポート、管理物件のリニューアルなど、当社の業務は多岐にわたります。そのすべてを統括するのが責任者である支店長の役割です。中でも、オーナー様との連携を密に図りながら、退去後の空室を早期成約へと導く仕事は当社の根幹ともいえる重要な任務です。空室が埋まらなければ、オーナー様のご期待を裏切ってしまいます。「どうすればオーナー様に喜んでいただけるのか」「どうしたら入居したいと思うお客様が増えるのか」といった必要な方向性を部下に提示し、目標達成へと導いています。

社員がともに一喜一憂できる環境を

私たちの仕事は常に結果が求められます。結果を出して目標を達成するためには、お客様の声にしっかりと耳を傾けることが大切です。そこで私は、お客様を最も熟知している現場の部下たちにすべてを任せるようにしています。彼らを信じて「よし、やってみなさい」と決定権まで委譲する。最終的な責任は支店長である私がとればいいんです。もうひとつ大切にしていることは、職場の一体感を醸成することです。目標が達成できたときには、ともに喜び、達成できなければ、ともに悔しがる。全員が常に同じ方向を向いている環境でなければ、社員も会社も大きく成長することはできませんからね。

人が素晴らしい会社

入社以来、私は管理部門で仕事をおこなってきました。かつて一度、大きなミスをして会社に損失を与えてしまったことがあります。しかし、当時の上司は叱責するどころか損失分を取り戻すことに期待を寄せてくれました。その恩に報いるという気持ちが、今の私を支えているといっても過言ではありません。みなさんも配属後、マンツーマン指導者から直接指導を受けることになりますが、そこからも当社の「人」の素晴らしさを実感できると思います。私以外にも「お世話になった先輩の恩に報いたい」と考えている社員は多いはずです。そんな「人」については、やはり業界トップクラスの離職率の低さにも表れているのではないでしょうか。

関 健太郎

虎視眈々であれ

当社は一人ひとりの人間性を重視する会社です。例えば、面接でも学歴や成績ではなく、「素直さ」や「正直さ」などの人柄を見ています。しかし、その一方で、「虎視眈々」であってほしいとも思います。「同期には負けたくない!」とか「絶対No. 1の営業になる!」とか、どんなことでもいいです。「これだけは誰にも負けない」という気概を持ってほしい。そういう強い気持ちがあれば、どの部署に異動しても充実した仕事ができるはずです。ただ仕事をこなしているだけではつまらないですよ。「自分」をどんどんアピールして、個性を出してほしいですね。これからのみなさんに期待しています。