HOME

MENU

  1. HOME
  2. 情報セキュリティ基本方針

情報セキュリティ基本方針

ハウスメイトグループ(以下「グループ」という)が保有する情報資産は、グループが「賃貸住宅の革新的リーダー」となり、賃貸住宅の住環境をさらに高め進化させる「プロデュースカンパニー」を目指し、「選ばれる企業」へと挑戦し続けるための極めて重要な経営資源であります。

また、情報システムの利用により、業務の効率化や営業機会の拡大を図るグループにとって、情報セキュリティに対する意識・モラルの向上とともに、様々な脅威から情報資産を適切に保護・利用する情報セキュリティマネジメント体制の構築は、顧客・取引先に対する極めて重要な責務であります。

これらのことから、グループの情報セキュリティに対する基本方針を定め、ここに宣言します。


第1条 法令等の遵守

すべての事業で取り扱う情報資産に関して、情報セキュリティに係る法令の遵守、ならびに国が定める指針およびその他の規範の準拠に努めます。

第2条 情報資産の保護

本方針を含む情報セキュリティに係る規程等の策定および適切な運用により、情報資産の機密性、完全性、可用性を確実に保護します。

第3条 情報セキュリティ教育

役員および従業員、その他グループの業務に従事するすべての者に対し、情報セキュリティに係る必要な教育を実施します。

第4条 情報セキュリティ事故対応

情報セキュリティに係る事故が発生した場合、またはその予兆がある場合、原因を迅速に究明し、被害を最小限に止めるとともに再発防止に努めます。

第5条 継続的な改善

本方針および情報セキュリティに係る規程等の評価と見直しを定期的に行い、継続的な改善を図ります。


制定 平成28年 4月1日
改訂 平成28年10月1日

(株)ハウスメイトパートナーズ
代表取締役 井關 豊

ページトップへ